MENU

ゼシカ堕|魔法のペンで調教されたゼシカが快楽堕ち

ゼシカ堕

\20%還元/

リリース開始

2010年4月2日

キャラクター

魔物退治のはずが

とある村から「魔物を倒してほしい」という依頼を受けたゼシカは、いけにえになる娘の代わりに魔物の住処に潜入することに。

しかし、それはゼシカの体を狙う男が仕組んだ村ぐるみの罠だった。

拘束されたゼシカ

見せかけだけのはずだった鎖は外れず、魔法の杖に魔力を奪われたゼシカは、抵抗もできず男にカラダを弄ばれる

男に胸を揉まれるゼシカ

魔力が無くなってしまう前に魔法で反撃しようとするゼシカだったが、魔法のペンで胸を敏感に改造され、反撃の余地すら与えられず胸を弄られていく。

魔法のペンで胸をつつかれるゼシカ
ペンで触れた胸が敏感に

さらにアソコには魔法のバイブを突っ込まれ、なすすべもなく絶頂を繰り返すことになる。

膣にバイブを突っ込まれるゼシカ

魔法で高められた体は快楽に堕ちる

そして、長い間魔法のペンで突かれ続けたゼシカの体はどんどん敏感に。もちろん、胸だけでなくアソコも自分のモノではないかのような敏感なものに変えられていく。

マンコを魔法のペンで突つかれるゼシカ

そんな魔法のペンには吸収されたゼシカの魔力が使われ、魔導士としてのプライドまでもが傷つけられる。

頃合いだと考えた男はゼシカを焦らすことにする。しかし、極限まで高められたゼシカの体はそれに耐えきれず、遂に自ら快楽を求めてしまうことに…

快楽堕ちしたゼシカ

レビューコメント

クリムゾン作品の中でも特にお気に入りのドラクエ本です。

ドラクエシリーズの中でも特に巨乳なゼシカの胸を徹底的に弄るというコンセプトがよく分かる一作になっています。胸を揉みしだくのではなくペンで突くというのも、豊満な胸の柔らかさがよく分かる表現だと思います。

なお、後の『空と海と大地と乱されし女魔導士R』に比べると、若干大人びた顔をしていますね。後の作品の方が原作寄りの顔になっていますが、私はこの絵柄の方が好きだったりします。

関連コミック

本作は『探求総集編』に収録されています。他作品と一緒にまとめ読みしたい方は、こちらも是非チェックしましょう。

また、ゼシカ好きならぜひ『空と海と大地と乱されし女魔導士』シリーズもおすすめ。

リメイク後の『空と海と大地と乱されし女魔導士R』の方が絵は綺麗ですが、リメイク前『乱されし女魔導士総集編』の方がボリュームはあります。内容はさほど変わらないので、どちらでも同じストーリーが楽しめますよ。