MENU

ロビンハード|ノロノロビームを受けながら快感の波が押し寄せる

ロビンハード

通常時20%還元!/

原作
リリース開始

2005年4月28日

キャラクター

最エロ候補の「ノロノロの実の能力」が大活躍!

30秒間の快感を一気に受けるロビン

デービーバックファイトに敗北し、フォクシー海賊団のモノになってしまったロビンは、捕虜のような扱いを受けることになる。

しかし、幼少期から修羅場をくぐってきたロビンは、男にカラダを触れても動じなかった。それどころか、早く終わらせるために無視を決め込むことにする。

胸を揉まれても無反応なロビン

そんなロビンに対し、痺れを切らした男達はノロノロビームを使うことに。

ノロノロビームを受けるロビン

ノロノロビームにより動きをゆっくりにされ、30秒間の刺激をまとめて受け止めるロビン。

ノロノロ状態で胸を揉まれるロビン
30秒分の快感を受けるロビン

まとめてやってくる暴力的な快感の波に、ロビンもだんだんと反応を返すようになっていく。

ノロノロ状態でマンコを弄られるロビン

30秒後にやってくる逃れようのない快感に対し、ゆっくり動く時間の中ただ待つことしかできないロビン。

そして、やってきた大きな波は彼女のキャパを超えてしまい…

快感に備えるロビン

レビューコメント

拘束などに使われがちなノロノロビームが、本作では快感の蓄積という形で活かされていますね。こういう能力を利用した特殊な愛撫というのが大好きなのですが、時間を止めて刺激を蓄積させるシチュとの違いはよく分かりませんw

また、「蓄積した快感が爆発する」的な表現もこれ以降よく出てくるのですが、それとセットの「快感がキャパを超えてしまう」みたいなシーンが最高です。焦らしによるねっとりした快楽堕ちとは違う、快楽の暴力で女をモノにするみたいなゴリ押し感が好きです。

それにしても、デービーバックファイト編はワンピースの中でも不人気なパートですが、「仲間の強奪」と「ノロノロビーム」という貴重なエロネタを残してくれましたよね。(その後もシリアス続きでしたので、箸休め的な意味でも私は好きでしたよデービーバックファイト)

関連コミック